翻訳

翻訳 · 26日 12月 2017
 鈴木さんの最初の翻訳本にあたる「シュタイナー学校の芸術教育」 のあとがきを、アップします。鈴木さんの翻訳は「自由の哲学」の初訳あたりでインパクトのある手法を用いられるようになりましたが、初回の翻訳本にあたるこの本でもその方向性が大きく現れていることをこのあとがきからも読み取れます。